タグ:PENTAX K-1 ( 14 ) タグの人気記事

オレンズネロ0.3

d0334448_10095804.jpg
d0334448_10165485.jpg
d0334448_10203152.jpg
 近くの文房具屋さんに入荷していたので、つい購入してしまいました。
オークションやAmazonでは定価以上の値段が付いていますが、2割引ですのでかなり安いです。

 芯が出続ける機構はあまり自分にとって意味がなさそうですが、
仕組みが気になるのと、「ぺんてるの粋」を集めたとのことなので、手に持ったバランスや質感を確かめてみたかったのもあります。
0.3なのは、これ以上細くする必要がないから。むしろ、自分は0.7が欲しい。

 さて、芯が出続ける機構ですが、口金の先端が紙にぶつかると引っ込み、ペンが宙に浮いたときに引っ込んだ分だけ、芯を押し出すという機構のようです。確かに、大量筆記する学生さんには、ピッタリの機構。これは便利だと素直に思います。
万年筆の筆記に慣れているため、ペン先を倒して筆圧が低いのもあるかもしれませんが、紙によっては引っ掛かりを感じます。立てて書いたり、筆圧を強くしたり、芯をBに替えたところ改善したので、私には慣れが必要なようです。
※下敷きを引くなど、硬い平面の上だと気持ちよく書けるようになりました。環境を選ぶシャープペンです。


また、クルトガやらデルガードやらのギミックを備えたシャーペンが500円以下で手に入る中、この機構で3000円というと、少し高いかなと思わなくもありません。

 書き心地、質感ですが、なるほど金属でもなく、プラスチックでもなく絶妙な重さとバランスです。持った時の高級感もあります。
さすが、スマッシュやグラフシリーズを作ってきたぺんてるです。
書き心地もスマッシュの書き心地と似ているものがあります。グリップのザラザラも金属の様に硬くもなく、ゴムのように劣化を気にすることもなく、ずっと握っていたくなるような気持ち良い感触。

 外箱が案外シンプルで、人によってはがっかりかもしれませんが、デザインがよく、コストをシャープペンにかけていると考えれば、逆に好感が持てました。


ということで、
試し書きをして、満足してしまったので、早速定価で手放しました。

 理由①芯が出続ける機構を使わない環境。
   ②ギミックが予想していたよりも地味
   ③国産なら1500円程度の質感だと思う(※国産の300円から1000円くらいのシャープペンシルが優秀過ぎるのもある。)
   ④ロットリング800の方がデザインも、ギミックも、質感も上。

あくまでボールペン主体の大人から見た感想であり、シャープペンシルを多用する人にとっては正しく神シャーペンでしょう。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2018-01-10 10:42 | シャープペンシル | Comments(0)
d0334448_14334309.jpg
d0334448_14311069.jpg
d0334448_14353060.jpg
年末から、シャープペンシルが欲しくなり、色々動画を見てrotringの「Rapid Pro」 と「rotring800」をネットで購入してみた。
万年筆と比べれば、安いものなんだけど、今までの感覚がおかしかっただけかもしれない。人間の感覚とは怖いものだ。

両方とも0.7mmのもの。

使ってみて、「rotring800」の方の質感は満足するも、書き味がイマイチ。
ただ、ネットの情報の通り、ペン先にセロハンテープを巻いてグラつきを無くしたところ、すこぶる快調になった。

「Papid PRO」は、評価がすこぶる良いので期待していたけれど、この程度なら1000円付近の国産品で十分じゃないかなと、正直残念。
もちろん悪いペンではないのだけれど、1000円以下のステッドラーの方が自分には時めいた。
お店で見てきた先っちょが収納できるグラフギアと同じ先端機構なわけで、3倍以上のお値段ではなぁ。

というわけで、今年はしばらくシャープペンシル探しの1年になりそうです。
万年筆に比べれば、安く済みそうかな。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2018-01-04 14:46 | シャープペンシル | Comments(0)

無印丸軸万年筆

d0334448_09352315.jpg
d0334448_09354107.jpg
d0334448_09360172.jpg

無印のアルミ丸軸万年筆。デザインが秀逸。

これは、今更言わずもがな。ようやく手に取ることができた。
嵌合式のキャップの取り外しの精度が低く、アルミとアルミのこすれる音がストレスか。

しかし、デザインと気密性とのトレードオフだと思えば、我慢できる範囲。
書き味は安定のシュミット製。中華万年筆より、一段上の書き味。

インクフローもヌラヌラ系で、国産のM字程度。
1000円程度の万年筆なら、これをすすめるかなぁ。
高レベルでまとまっている。

クリップの裏に空気穴があるので、これを塞げば、ペン先の乾き・蒸発は抑えられるだろう。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-12-21 09:00 | PENTAX K-1 | Comments(0)

d0334448_09170155.jpg
d0334448_09174442.jpg
d0334448_09172303.jpg
付録万年筆は、もう買わないと決めていたが、なかなか質が良さそうなのと、
ストレス解消で購入。

見た目は安っぽくなく、変なロゴもない。
キャップの空気漏れも問題なし。

書き味も良好。
多分、ニブは中華だろうが、最近の中華万年筆は質が良い。
書き味で引っ掛かりを感じることもあまりない。

おまけなら話のタネに買っても損はない。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-12-20 09:16 | 万年筆 | Comments(0)

WATERMAN カレン

d0334448_09043633.jpg

d0334448_09045702.jpg
d0334448_09051902.jpg

ウォーターマンのカレン。
硬い書き味で、デザイン優先の万年筆だと思っていたが、予想を裏切りすこぶる書きやすい。
18金の柔らかな紙へのタッチと、それでいてしならなず、インクフローよく書ける。
気持ちが良いので、お気に入りの一本になってしまった。

気に入らなければ、すぐに手放すつもりでいたのに。

まだコンバーターでは使用していないので、
ネットで見るような欠点もあるのかもしれないが、
カートリッジで使用している分には、インクの乾きも漏れもない。

18金で嵌合式というのはなかなかないのではないか。パーカーくらいか。
難点を無理やり言うなら、キャップが後ろ軸にしっかり収まってくれれば、いうことはない。

また、増えてしまった。どうしよう。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-12-19 09:03 | 万年筆 | Comments(0)
d0334448_08440195.jpg
d0334448_08450019.jpg
d0334448_08462269.jpg
キャップレスフェルモ。

キャップレスマットブラックEFは以前から使っていて、回転繰り出し式のフェルモも気になっていた。
中古で、未使用品がこれまた破格なので、購入。

すぐに手放す予定だったけど、床に落として、少しだけ凹んだので、後生大事に使う羽目になりました。
ただ、パイロットの18金でM字ともなると、得も言われぬ妖艶・官能的な書き味。

さすがパイロット。

よく言われるけど、カチカチ音がしないのは会議なんかで便利。

欠点は
片手で操作できないことはないけど、落としたら嫌だし、両手で使うことになる。
あと、コンバーターのCOM40が、全然インクを吸わないので、注射器でからコンバーターを使用した方がたくさん入るかも。

それくらい。
実用面では、キャップレス最強。

d0334448_08503056.jpg
このメモ帳は、ダイソーのもの。
裏抜けせず、紙質も分厚い。

これで、ロディアの3分の1以下の値段なら、使わない理由がない。
ノートも同じようなデザインなのがあり、お世話になってます。
今のところ、これも実用最強。






[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-10-05 09:09 | 万年筆 | Comments(0)
d0334448_08513704.jpg
万年筆が好きな人は、
500円~1000円くらいでコンバーターを使って好きなインクを使用するのだけど、
何本も万年筆を持っていると、馬鹿にならない。

そこで、お勧めしたいのが、
100均で、売ってる化粧品用の注射器を使うこと。
空のカートリッジにインクを詰め込むだけ。手も汚れない。
注射器も簡単に掃除でき、残り少なくなったインク瓶の底のインクも最後まで使える。
もっと早く使えばよかった。

コンバーターで吸入するより、便利かもしれない。儀式は大事ですが,ペン先を痛めないかインクが残り少なくなると不安ですから。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-10-03 09:04 | 万年筆 | Comments(0)
d0334448_08491239.jpg
d0334448_08472120.jpg
d0334448_08481616.jpg
ペリカンM200

美品を中古で手に入れました。3分の1くらいの値段です。

早速ペリカンBBを入れて使用しみます。
ペリカンの鉄ペンは、ツイストやペリカーノジュニアと等なかなか優秀な書き味なので、いつか鉄ペンEFを試してみたかったのです。

持った感じは、以前所有していたM400とほぼ同じ。質感もほぼ同じ。

書き味は、金ペンほど紙へのタッチが柔らかくないけど、自重で書けるし、
実は鉄ペンの方が字が丁寧に書けるような気がする。ペンが走ることなく、コントロールしやすい。
実用では、これで良いのかも。

黒軸は地味だなと思っていたけど、天冠もシックだし、インク窓がほのかに透けるのもいい。
いいものを手に入れた。







[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-10-01 09:01 | 万年筆 | Comments(0)
ずっと気になっていたドイツ製KAWEKOのBRASS万年筆を購入した。
真鍮製で、使い込むほどに味が出るもの。こういうのに弱い。

息抜きの1本。

鉄ペンだけど、この作りで1万円なら高くはない。(感覚がもはや狂っているのかも)
付属の缶ペンケースもお洒落。
物欲を満たし、少し心が軽くなりました。

書き味は、お店で調整してもらったのもあるけど、軸の44グラムの重さで自重で楽々書けます。
鉄ペンらしからぬ気持ちよさ。コンバーターは専用ミニコンバーターが使えます。



d0334448_14154125.jpg
d0334448_14123805.jpg
d0334448_14162796.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-09-25 00:11 | 万年筆 | Comments(0)

中国の万年筆 YIREN359

YIRENの中華万年筆をアリエクスプレスで購入した。
コンバーターもついて、送料も込みで173円という驚きの値段で中国から送られてきました。
1週間くらいかな。

「何かの本家」と比べると、細かい部分の作りの粗さは目につきますが、
書き味はなかなかのもの。普通に使えます。

太さはFのみ。

ニブにも軸にもYIRENの文字が彫り込まれている。
個体差はあるかもしれないけれど、この値段なら諦めも付きます。

★後日談★
某赤インクを入れたところ、フローが悪くなってしまい、それ以降詰まって使えなくなりました。
赤インクを入れたのがまずかったかもしれません。この赤インクは、他社のものに入れると調子が悪くなることが多い。
捨てるのももったいないので、分解して遊んでみようと思います。


d0334448_14000499.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-09-17 14:08 | 万年筆 | Comments(0)

万年筆うんちく、フィルム写真、デジタル写真、所感


by suleymaniyejamy78