<   2017年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

廃墟車

d0334448_17245184.jpg
d0334448_17280142.jpg
d0334448_17361419.jpg
d0334448_17330594.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-26 03:07 | PENTAX K-1 | Comments(0)
以下 画像は全てKPです。

d0334448_17461414.jpg
RICOHイメージングの「夜の体験会」に当たったので、参加してきました。

K-1があるので、高感度が良いと言われても別に買う予定はありませんが、
機材を触るのは楽しいですし、街中を自由にスナップできる理由があるのも良いものです。

会場には、グッズが格安で売られていました。
d0334448_17190287.jpg

さて、KPを借りて、街中スナップです。

レンズが選べず、DA35mmf2.8macroだったので、少しガッカリ。
DA20-40mmを試してみたかった

純正だと、かなり寄れるのとフォーカスアシストが使えるのは便利だと思った。
DFA100mmは買ってもいいかも。




d0334448_17440761.jpg
陽が長くなって、
明るいので高感度はあまり実感できなかったが、多分良いのでしょう。
ノイズが少ない気がする。


【KPを持ってみた感想】

①K-1の廉価版という作り

ダイヤルなんかもK-1そっくりで、ダイヤル選択が少なかったり、作りが安っぽい感じがした。バリアングルもK-1とは異なり立体的な動きは無理。

ただ、これはネガティブなことではなくて、軽くてコンパクトで、必要十分と言い換えることもできる。右上の無地のダイヤルなんかも、K-1より軽くて使いやすい。露出補正にしておくと便利。

②絵が良い。

K-rを思い出すような温かい写り。

③AF
なかなか早いし正確。動き物にはまだまだだが、別にそこそこで良い。

④軽い

ほんと軽くて、片手でスナップを撮るのが楽しい。感度もISO3200までのAUTOで写真に集中できる。

⑤2496万画素がちょうど良い。
ブログにあげる時に、そのままのサイズで上げられるのが便利。

⑥グリップが浅い。

手が大きいので、自分はもう少し深めのグリップに交換しないと、滑りそうで怖いと思った。
レンズにもよるだろうが、FA31mmで少し不安を覚えた。買うなら、グリップ交換必須だと思う。K-1では持ちやすい。
d0334448_17511547.jpg



d0334448_17545084.jpg
d0334448_17572902.jpg



まとめ

K-1を買いたい人が、どうしようか迷っていると、多分このKPを買ってしまうんじゃないだろうか。代償という人間の欲望を逆手に取った戦略でもあると思う。

バッテリーが、廉価機と共通なので、少し心許ないが、予備を持てば済むので、
初めての一眼レフには良いかもしれない。何よりかっこいいし。

性能も十分だし、旅のお供に使って楽しいカメラだと思う。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-19 18:04 | PENTAX K-1 | Comments(0)

有松散歩

d0334448_16550119.jpg
d0334448_16580416.jpg
d0334448_17003145.jpg
d0334448_17040545.jpg
d0334448_17102998.jpg
d0334448_17135519.jpg
d0334448_17351087.jpg


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-14 16:52 | PENTAX K-1 | Comments(0)

FA43mmF1.9で桶狭間散歩

d0334448_16381301.jpg
d0334448_16403001.jpg
d0334448_16390823.jpg

名古屋鉄道の有松駅から15分ほど歩きます。
申し訳ないけれど、駅前以外は田舎の住宅地といった風情で、
歩いていてもあまり面白くありません。

突然、公園が現れ、今川義元と若き信長の像が立っていました。
像の後ろの庭園は、桶狭間の地図を模した配置で水路が流れ、城に見立てた石が配置されています。

昔、戦場だっただけで、何か建物があったわけでもないので、こういうものですよね。





[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-13 01:36 | PENTAX K-1 | Comments(0)

梅を見てきた。

梅を見に行きました。
一年過ぎるのが、年々早くなります。
d0334448_12354237.jpg
d0334448_12381356.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-12 01:32 | PENTAX K-1 | Comments(0)
今回の上海出張で初めてキャッシングを利用しました。

最近は現地で日本円を両替していたのですが、
どうも手数料やら考えると、キャッシングが一番お得だという結論に行きつきました。

ただし、セディナカードの一択です。

理由①海外のATM利用料がかからない。
理由②Pay Easy機能を使えば、インターネット上で返済できること。(楽天銀行との組み合わせがよりベター)

カード自体は、還元率が高くないので、普段利用はしないのですが、上記の理由で、このカード一択なのです。

海外のATM手数料は結構高く、何度も引き出すたびに手数料がかさむと結構な額になります。(カード会社によって手数料は異なります。)手数料無料なら、海外で大金御持ち歩かずに、必要な額だけ気軽に下すことができます。これは便利です。

また、カードの会員ページにログインすれば、Pay Easy機能を使い、キャッシング数日後には、カード会社に簡単に繰り上げ返却することができます。キャッシングの利子は年利20パーセントなのですが、数日であれば金額にもよりますが、100円程度。

私は33000円ほどキャッシングして、100円行きませんでした。

今後は、面倒で手数料の高い両替とはおさらばです。
セディナカードは一枚持っておくと、旅行好きには便利ですね。
マスター、JCB、VISAの順でレートが良いみたいです。






















[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-11 00:19 | その他 | Comments(0)
ネット環境が繋がっている場合は、グーグルマップが分かりやすくて良いと思います。
ただし、グーグルマップは位置情報をいちいち記録してたり、監視されてる感がとても強いので、ちょっと怖かったりします。実際そうなのでしょう。

また、グーグルマップは、ネット環境がないとその威力が半減してしまいます。
中国では、グーグルが基本使えません。
オフライン地図を利用すれば、GPSで追尾してくれるのですが、オフライン地図を使用できる地域はある程度限られていて、まだ全域どこでもというわけにはいきません。

ということで、見つけたアプリが『MAPS.ME』です。

予め地域をダウンロードして使うので、オフラインでもナビ可能です。
中国で大活躍しました。地図情報は、漢字表記も出てくるし、英語オンリーではありません。
グーグルマップほど情報は細かくありませんが、必要最低限の地域情報は出てきます。

オフライン仕様が多い場合は、試されても良いかと思います。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-10 08:37 | スマホ・IT | Comments(0)
先日、上海出張へ行ってきたのですが、WiFi環境やプリペイドSIMなど、
かなり充実している模様です。

街中にも、無料のWiFiが飛んでいます。
ただし、一つ困ることがありまして、

グーグル、LINE、FACEBOOKが使用できなくなるということ。

グーグルが使えないと、グーグルマップも使えないし、もちろんG-Mailも使えない。
かなり致命的です。ヤフーは問題ないが救いかな。

かといって、中国のアプリ、百度は漢字で使いづらいですし、いろいろあれですし、
ダウンロードして使いたくないというわけで、色々検索した結果、見つけたのが、

【インターリンクのセカイVPNサービス】

ここで契約して、VPNを取得すれば、グーグルを使うことができます。
実際に使うことができました。

2か月以内なら無料とのことですので、試しに使ってみるのもいいかもしれません。
「無料」ほど怖いものはないとは、思っていて慎重に契約しましたが、今のところ、
スムーズに解約できています。問題ないかと。









[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-09 08:37 | スマホ・IT | Comments(0)
今回の上海出張には、K-1とFAリミテッド3本を持っていったのですが、
全て、FA31mmで事足りてしまい、レンズ交換せずでした。

いつも途中で、GRがメインになるところですが、今回は21mmが必要な時だけGRで、
数枚撮影したのみとなりました。

その理由を考えてみるに、
まず、K-1のフルサイズに買いかえたことで、FA31mmの画角がそのまま使えるようになったことが大きい。本来の画角で、スナップには最適なレンズとなった。

旅行用にズームを買おうかと考えたこともあったが、これ一本で十分。レンズの写りと重さを考えたら、他の選択肢はない。

もう一つは、高感度耐性。
ISO3200まで自由にしておいて、あとは絞り優先で気にせず撮影に集中できる。
この安心感は、APS-CのGRでは難しい。

さらに、今回発見したのが、HDR機能が夜景を始め、いろんな場面で普通に手持ちで使えてしまうこと。画質もいかにもHDRという画像にもできるし、弱めることもできる。
つまり、ラチュード?の広い瑞々しい写真を撮ることが簡単にできる。これはGRには無理。

ということで、K-1を初めてじっくりお供にしましたが、
改めて買って良かったと思っています。

そうそう、GRをディスってしまいましたが、普段使いにはコンパクトなGRが最強なのは言うまでもありません。
d0334448_09043656.jpg
d0334448_09050631.jpg
d0334448_09061245.jpg


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-08 08:19 | PENTAX K-1 | Comments(0)

中国について考える。

上海へ出張で行ってきました。
色々思うことがあったので、書き留めておきます。

中国へ行って驚いたのが、物価。中華料理や鉄道なんかは日本より割安なのですが、
その他はほとんど日本と変わらないか、むしろ高いことです。

中国といえば、偽物だらけで、大気汚染がひどく、食品の農薬も・・・というイメージでしたが、都心部で私が見たものは、一瞬、東京か大阪かと見間違うようなまともな光景でした。
マスクを着けているのは、日本人や、台湾人くらい。

上海は特殊な経済特区なので、これを中国の全体とみることは誤りでしょう。
ただ、中国という国は、平均で見てはいけない気がします。
職業によって格差が大きすぎて、平均所得なんてものは意味がないのではないでしょうか。

もう、先進国と同じ感覚で生きている人たちが、一定数たくさんいて、
世界がグローバル化で平均化していることを切に感じました。東南アジア然り。

先進国が、途上国に進出して安く原材料を抑えて、安価に生産し、先進国で売るというビジネスモデルは終焉を迎えつつあり、今後は世界中で同じくらいの所得の人に向けて、企業が大量に売り裁く。そんな時代が来たように思います。

もちろん、為替をシーソーのように裏で操作して、共倒れにならないよう、バランスを取りながら、世界を適度に発展させていく。そういう意図が見えなくもありません。

対立やテロや戦争そういったものも、実は、世論を動かしやすくする為に、全てその掌の上で行われていることに過ぎないのではないかと勘繰ってしまいます。

つまりは、今のアベノミクスは、今は日本の稼ぐターンであって、またしばらくすると、他の国へターンが移るのでしょう。悪く言えば、肥え太らせた豚を、刈り取っているとも言えます。

小籠包を食べながら、上海人たちの元気の良さと、羽振りの良さに、そんなことを考えていました。

d0334448_00591427.jpg

d0334448_01022847.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-07 01:10 | PENTAX K-1 | Comments(0)

万年筆うんちく、フィルム写真、デジタル写真、所感


by suleymaniyejamy78