<   2016年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ずばり、「眼鏡を新しくすること」です。

今は1万円も出せば、普通に使える格安メガネが手に入ります。
長年使用したメガネは、細かい傷が入り、紫外線と汚れで黄変するので、色の彩度も解像度も落ちます。

最近、写真の満足度が下がったなと思っていて、慣れかなと思っていたのですが、
眼鏡を買い替えたら、カメラが一段パワーアップしたように感じます。

案外、眼鏡で満足度が変わる人が多いかもしれません。
自分のメガネが曇っていては、どんないいカメラやレンズを使用しても意味がありません。
お試しあれ。

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-30 21:02 | その他 | Comments(0)

インク工房に参加

セーラーのインク工房に参加。
好きな色をその場で調合してもらえる。

インクに名前を付けてよいということで、戸惑ってしまった。
色と名前を予め考えてから参加した方がいい。

緑と茶色の枯れた色。緑からセピア色に変化していく。
こういうインクが欲しかったんだ。
大事に使おうと思う。

こういう参加型のイベントは楽しい。
インクが増えて仕方がないし、安くはないけれど、満足感がある。
今後も続けて欲しい限り。

このインク瓶使いやすそう。

【その他物欲雑記】
・試し書きした「筆DEまんねん」が、とても書きやすい。
・プラチナのUEFの細さは、EFとあまり変わらないかも。
・ミュージックニブが面白い。
・プラチナの出雲シリーズの鉄刀木がでかくてカッコいい。いつか欲しい。

d0334448_00470343.jpg
d0334448_00485033.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-30 07:01 | 万年筆 | Comments(0)
をヤフオクで手に入れてしまいました。

安く落札できてしまったのと、最近はプラチナの極細が気持ち良くて仕方がないのです。もう一本欲しいなと。
箱も何も付いてこなかったけど、物自体はほとんど使われておらず、書き味も極上でした。

ヤフオクでは、たまに外れを引くことも覚悟していたので、うれしい誤算です。
自分は、セーラー派かと思っていたのですが、安価で書き味の良いプラチナが増えつつあります。

さて、3776センチュリーでも、これはロジウム加工してある、定価15000円のもの。
軸は普通の黒かと思っていたけれど、薄く透明がかっていて、おしゃれです。
ロジウムだけで5000円高いわけではないのですね。

それにしてもプラチナの品質はすごい。廉価品から高級品まで、14金の同じニブ。
全て同じにすることによって、コストを下げるにしても、大盤振る舞いでしょうとしか言いようがない。
※プレジデントのニブも試筆してみたい。

しばらく様子を見て、増えた分、ドナドナする万年筆も選ばなくてはなりませんね。

d0334448_00344182.jpg
d0334448_00323325.jpg


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-28 07:34 | 万年筆 | Comments(0)

sd quattro を触ってきた。

店頭でsd quattroを触ってきた。

【良いところ】
・背面液晶が綺麗
・思ったより小さい
・デザイン◎
・質感◎

【残念なところ】
・液晶ファインダー
・操作性(慣れの問題もあると思う)
・AFが予想以上に遅い
・30mmF1.4は、あまり寄れない

こんなとこ。

もちろん、このカメラに、画質以外のものを求めてはいけないけれど、あまりにも変態すぎた。
dp2 quattroの方が自分には向いているかな

やはり、買うのはK-1になりそうだ。後は勇気だけ。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-27 07:01 | その他 | Comments(0)

ザリガニ釣りです。

d0334448_00015447.jpg
d0334448_00005931.jpg
棒切れにタコ糸を付けて、するめを結びつけるだけで大漁でした。

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-24 00:03 | RICOH GR | Comments(0)
仕事の休憩時間に、文房具屋さんでボールペンを物色。
スラリも、ハイテックCコレトも満足ではあるが、他にもっといいものはないかなと。

色々試し書きした結果、ジェットストリームの1mmの書き味が凄い。

0.5mmや0.7mmのジェットストリームは、正直そこまですごいとは思わなかったけど、1mmはヌラヌラで気持ちいい。
しかも、油性なので耐水性抜群、裏抜けも皆無。是非試した方がいい。お店にはあまり1mmはないので、ネットで買うしかない。

どれも使いやすいので、用途別だなと。
ボールペンのいいところは、安いし、誰でも使えるし、とりあえずペン立てや鞄に放り込んでおけば、何だかんだ用途があること。

まぁ、万年筆よりはあっても困らない。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-22 23:38 | ボールペン | Comments(0)
ファミマで買った『さらさら描けるゲルボールペン』。

万年筆に興味を持つまでは、日常的にこのボールペンを何本も買いかえていた。
ファミマで108円なので、使い捨ての部類。

ただ、リフィルがあれば交換して使いたいと常々思っていた。
ケチろうという理由は、ないわけではないが、いくら安いとはいえ、使えるものを捨てるのには抵抗があるからだ。

過去に、無印良品の店舗で自力でリフィルを見つけられなかった事があって、
使いきったインクのまま、職場の机に眠っていた。

ネットで調べてみると、どうやらゼブラのサラサクリップのOEMらしく、リフィルも互換性があるようだ。
どうせならと、黒インクではなくブルーブラックをヨドバシで購入した。わずか64円だった。

結果、見事に『さらさら描けるゲルボールペン』が蘇った。
このような記事はネットではあまり見かけなかったので、誰かの助けになればと書き残しておく。

d0334448_21184183.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-18 21:19 | ボールペン | Comments(0)
『HI-TEC-C coleto』を買ってみた。

自分で好きな色をカスタマイズできる。シャーペンや消しゴムもある。
ボディーも2本~5本用、さらに色や形も選択できる。

今回は、試筆できなかったので、少々冒険だということもあり、0.5mmのものを購入することにした。
軸は2本用のもの。4本以上だと軸が太くなるのでヤメタ。
色は、赤は使わないので、黒とブルーブラック。水性のゲルインキ。

早速家で、試筆してみることにした。
使用してみて驚いたのが、非常に滑らかな書き味。
万年筆のように自重とまでは行かないが、わずかな力で追従する。

PILOTのボールペンは、グランセにアクロインキのものを使用しているが、
これはゲルインクだけあって、サラサラである。

2万円の万年筆を買っても、300円でお釣りのくるボールペンを買っても、良いものは物欲を満たしてくれる。
一つ勉強になった。
d0334448_18075598.jpg
d0334448_18093837.jpg
d0334448_18105108.jpg



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-16 18:11 | ボールペン | Comments(0)

これからの方針(経済)

増税延期に、マイナス金利、量的緩和、マイナンバー、政府の借金と、

キーワードを組み立てていくと、
もう政府は負債を黒字化するつもりはないのではないかと思う。

黒字化するにしても、インフレさせて、円の価値を下げてから、返すのだろう。
最悪、1946年の預金封鎖、新円切り替えということが有り得る。
もちろん、大幅に資産は目減りする。

不安を煽るトンデモ本では、よく目にした話だが、
社会保障は削らない、国民は我慢しない、政治家も英断できないとなると、
新円切り替えはないにしても、大幅な円の切り下げはありうる。
輸入品は値上がり、生活は困窮する中、食料自給率が上昇するだろうという皮肉。

ということで、そろそろ資産の分散を考えなければ。
株や土地、金は、資産として抑えられる可能性があるので、
外貨キャッシュ、そして価値の目減りしにくいものというと、
換金性の高い現物を所持していくのも悪い選択ではないと思う。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-14 08:37 | その他 | Comments(0)
K-1が発売されて、今後フルサイズのK-1を買うのだろうなと思っていたのだが、
ここに来て、sd Quattroの価格と解像度にビビっている。

K-1、いや他のメーカーのフルサイズ機よりディティールがすごくないか?

万年筆のインクで気が付いたのだが、
眼鏡をしていると、世の中が色褪せて見える。

眼鏡を外して、インクを見ると明らかに鮮やかな色。
カメラの写真も、眼鏡を外して見てみたら、
なるほどようやくquattroセンサーの画のすごさが理解できた。

もちろんAFやら、バッテリーの持ちやら、高感度は苦手なカメラなのかもしれない。
でも、ISO400以上で撮ることはほとんどないし、せいぜいISO1600まで。

スナップと汎用性の高いGR、それに望遠用にK-5Ⅱs+タムロンA001は残すとして、FA Limitedの3本は、価値があるうちに手放して、

それを原資に、
標準域の本気取り用途にsd Quattroなんじゃないかと思い始めている。
値段もレンズキットで破格の定価11万だから、そのうち10万円くらいに値段は小慣れるだろう。

23万円のK-1に手を出すよりも、幸せになれるかもしれない選択肢を思いついてしまう。だが、そうなると2マウント体制になって、バッテリーやら充電器やらの管理が煩雑になる。シンプルではなくなる。

実に悩ましい。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-07-11 07:28 | PENTAX K-5Ⅱs(ドナドナ) | Comments(0)

万年筆うんちく、フィルム写真、デジタル写真、所感


by suleymaniyejamy78