<   2015年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

d0334448_15285679.jpg
ペリカンのブルーブラックは、味わいが深くて一番好きなインク。
ウォーターマンのハバナも、渋いおじさんぽくていいのだけど、
やはり、クールなのはブルーブラックだと思う。

顔料インクだと、洗浄するのに専用の薬剤が必要だったりするわけだけど、
古典インクのペリカンブルーブラックは、たまにアスコルビンサンを水に溶かして洗ってやるだけ。

薬局で気軽に手に入るし、定期的に利用し、メンテナンスをすれば、そこまで恐れるインクではない。M800は古典インク専用になっていますが、他のペンにも入れてしまおうかと思っている。

さてさて、なるほど、今までわけの分からない文字をひたすら書いていましたが、
絵を描いてみると意外と面白いものです。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-31 07:03 | 万年筆 | Comments(0)

趣味の文具36

『趣味の文具』36を購入。
色見本が秀逸なので、長期保有できると判断した為だ。

電車でパラパラめくっていると、昔どこかで見たり聞いたりした懐かしい名前の人が特集されていた。
イラストレーターのサトウヒロシ氏だ。

今は亡き「安伽郎」で、友人のバイト仲間ということで、
哲学なのか訳のわからない話を朝まで酒を飲みながら過ごした記憶がある。
安伽郎サラダが旨かった。

自分はツマラナイ学生だったし、彼の画の営業活動に興味も無かったし、その頃自分は旅に夢中だったので、
疎遠になったが、だけど、お互いこうして夢を叶えて好きな仕事をして、万年筆という趣味と時期がたまたま合致して再び変な再会。

彼のTwitterを見ていたら、山鳥のインクが欲しくなっていた。綺麗だ。
自分も明日、絵を描いてみようかな。下手くそだけど。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-30 07:00 | 万年筆 | Comments(0)
久しぶりにGR1を持って街歩き。

色々なお店で万年筆を物色してきました。
ハンズの書斎館というのは見落としていたお店で、色々試筆もさせてもらえるので、触ってみた感想をば記録しておく。

①少しガッカリしたもの。

・セーラーのズームニブ。
「細字から太字までが自在に書けます」ということだが、これなら「ふでDEまんねん」の方が書きやすいし安い。
・コクーン
ペン先は素晴らしいのだけど、どうも軸のねじ切り部分がコストカットされているのか、滑らかでなく残念。個体差かもしれない。安いので仕方ない。
・ペリスケ
見た目はかっこよく、つい買いそうになったが、全体的に作りが安っぽい。M400,M800の後には買えないなと。Fニブを試したが、書き味も当たり前だけど、如何にも鉄ニブで、個人的にラミーでいいと思った。イメージとしては、「えっ、この滑らかさで鉄ニブなの?」っていう驚きが欲しかった。

・ウォーターマン エキスパート
鉄ニブらしい書き味。書き味は悪くないが、ひねりに弱い。こういう特性なんだろうけど、自分には合わない。

②欲しいと思ったもの。

・ふでDEまんねん
滑らかな書き味で、太字から細字まで書けるのは素晴らしい。テレビで最近紹介されたらしく、売り切れていた。1000円以下で買えてしまうのは買い。カクノより使いようによってはこちらを選んだ方がいいかもしれない。

・カスタムヘリテイジ92Bニブ
太字だとパイロットのサリサリ感がなく、気持ち良い書き味。赤ペンで使いたい。ペリスケより作りがしっかりしているように感じた。

・プロフィット ミュージックニブ
気持ちの良い書き味。太字の代用でもいけそう。値段が平常ニブと同じ値段というのもすごい。

d0334448_22312092.jpg



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-29 07:03 | 万年筆 | Comments(0)
鞄に入れていた
ウォーターマンのブラウンインク(ハバナ)を家で取りだそうとしたのですが、蓋が緩んでいて、少しこぼしてしまいました。

鞄は黒だし、問題なし。ペンサンブルには少しシミが付いた程度。
でも、ズボンには手の平くらいの大きなシミが付いてしまいました。

幸い、ユニクロの綿パンですが、それでも何となくヘビーユースなので、
すぐに水に付けましたが綺麗に落ちず。

水性染料インクだけど、落ちないかと諦めかけていましたが、
普通に洗濯機で洗剤を入れて洗ったところ、綺麗に落ちました。
ひと安心です。極黒だったらアウトだったでしょう。

なるほど、インクを使っているといつかはこういう日が来ると思っていましたが、
水性染料インクなら、そこまで心配しなくてもいいみたいです。

ただ、BREEの鞄にこぼしたらアウトなので、少しもち運びには気を付けなければいけませんなと学習しました。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-26 01:21 | 万年筆 | Comments(0)
最近欲しいなと食指が動くのがこれ。
パイロットのCOCOONのlimitedバージョン。
500円分が東日本大震災の義援金になるらしい。

先日ペンクリの待ち時間に、ふと試筆してみたら、cocoonのとても滑らかな書き味で驚いてしまった。これが、リミテッドじゃなければ、Amazonで2000円弱。

カクノを購入する時に、よく「ニブはコクーンと同じ」とネットの情報で書かれていたけれど、実際に試筆してみた所、全然別物じゃないかと疑ってしまう。

金ペンの書き味とは、また違うベクトルのステンレスニブのヌルヌルした書き味。
ラミーサファリの書き味ともまた違う。カクノのカリカリとも違う。

あの時の感触がたまに蘇えってきて、ポチりそうになることがよくある。
ただし、これ以上、増えるのは使いきれないのでまずい。
所有物を処分してからになる。
[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-24 07:24 | 万年筆 | Comments(0)
予算によりけりですが、
対象者が、「初心者」ということで20万円以下で考えていきたいと思います。

たいてい、世の普通のお父さんが使うには、これで事足りるかと思います。運動会用に、望遠ズームをヤフオクで安く買い足せば完璧です。
F2.8という明るいレンズであるというのが大事で、室内や暗所でも何とかなります。暗いレンズのキットレンズで、一眼レフを判断してしまうということがなくなります。

ほとんどのカメラがレンズキットなので、レンズをヤフオクで売り払えば、ほぼ下記の予算に収まるはずです。

(まっ、趣旨からずれますが、日常撮影ならGR2でいいのですけどね。
安いし、小さいし、APS-Cセンサーで単焦点だから、下手な10万円以下の一眼レフより綺麗に撮影できるかもしれません。)


①【約20万円以下】
☆本体
・キャノン6D
・ニコンD610
・ニコンD750
☆レンズ
・タムロン28ー75mmF2.8

②【約10万円以下】
☆本体
・ペンタックスK-3
・ニコンD7200
☆レンズ
・シグマ17-50mmF2.8
・タムロン28-75mmF2.8







[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-23 07:02 | その他 | Comments(0)
ペリカンをほめたり、パイロットプラチナをほめたり、ラミーに惚れ直したり、
毎回言っていることが違うように見えるかもしれませんが、ベクトルが違うだけで、どのメーカーも素晴らしいのです。

その中でも、セーラーのニブはやはり好み。(プロギアM、プロフィットM長刀所有)
セーラーのニブは、硬くてしならない。
でも、ペンをタッチした時の不思議な柔らかさがある。
セーラーの柔らかいというのは、そういうこと。
(しなるのがいいなら、パイロットかプラチナのソフトニブだ。)

この特性は、ペリカンと良く似ているのだけど、似ているようでわずかに違う。
ペリカンはフワフワ快楽を追求できて、多分アルファベットならそのまま気持ちよく書いていけるが、日本語の場合だと、小回りが利きにくく、コントロールが難しい。

かたやセーラーは、先っぽが柔らかいのだけど、ペン先の硬さがしっかりと軸を持っていて、ふわふわとした気持ち良さの中にも、小回りが利く感じ。21金だけでなく、14金も同じような性質。

どちらも好きなのだけど、仕事で使うならセーラーを選ぶかな。
日本語が書きやすい。

多分、フローの良い長刀も、その柔らかさをまだまだ隠し持っていると思うので、
またペンクリにでも出しに行って、パワーアップさせてみたい。

試筆したところ、プロムナードも書き味がいい。金ペンは21金も14金も同じ系統。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-22 07:10 | 万年筆 | Comments(0)
d0334448_14090957.jpg


懐中時計REGUNOを購入しました。メーカーはシチズンです。
ソーラー充電+電波時計で、定価1万8千円でしたが、ネットの割引やらポイントやらで実質1万円ほどで手に入れました。
かなり満足です。

今までは、機械式のスケルトン懐中時計を鞄に入れて持ち歩いていましたが、
仕事でどうしても、正確な時間が必要になるときがあるわけです。

腕時計は、学生のころ何本か買いましたが、使わなくなって電池切れで錆びて捨てるという黄金パターンの繰り返し。
しかも、すぐに壁なんかにぶつけて傷が付くという淡い経験も。

結局、自分には鞄に放り込んだり、ポケットに放り込んだりできる懐中時計がベターなわけです。
ガラケーの時計でも十分ですが、使えない時と場合に備えてのものです。

以前購入したのはRapport というイギリスのメーカーの物。安すぎるのはどうかということで、2万円くらい。
購入後半年で2回壊れて修理に出して、それ以降は3年目になるけれど元気に動いています。
かっこいいので、普段使いはこっちだけど、実用性はレグノです。

あったらあったで、電波時計便利ですもの。
ついでに部屋の掛け時計も、調子が悪いので買い替えました。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-20 07:00 | その他 | Comments(0)

名古屋市市政資料館

写真を撮らなくなってきたので、これではいかんとGRで撮ってみた。
レンズやら、画質やらフルサイズやら、少し熱狂が冷めたというより、日常に溶け込んだのだろう。多分良いズームレンズを買ったら、単焦点使わなくなるかも。
GRはAPS-Cでコンパクトで、自分はこれで足るかなと。

多分、フルサイズを買っても、持ち歩かない。

コンパクトで10万切ったら買う。
またブレイクスルーがあれば買う。
撮りたくなったら買う。

d0334448_23423883.jpg
d0334448_23441986.jpg
d0334448_23460785.jpg
d0334448_23473354.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-19 07:04 | RICOH GR | Comments(0)

GRっぽい写真

GRといえば、落ち葉のイメージです。

d0334448_23395401.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-12-18 07:03 | RICOH GR | Comments(0)

万年筆うんちく、フィルム写真、デジタル写真、所感


by suleymaniyejamy78