<   2015年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

d0334448_23403443.jpg
ペリカンのブルーブラックインクを購入しました。
M800に入れるインクを考えていたのですが、ロイヤルブルーと迷いに迷って、
危険な古典インクを選択しました。

まぁ、ペリカンは3年間の保証があるし、頻繁に使うからいいかなと。
赤と緑インクを使用して、ペリカンのインクは比較的粘度が低いサラサラなイメージだったけど、
ブルーブラックはフローが渋い。

ラミーブラックの時は、インク漏れしやすかったけどそれがない。
発色は濃淡が付いて、さすがの渋さ。染料インクには出せない味。

主力で使えそうです。
今んとこ自分の最強の組み合わせは、プロギアM+ラミーのブラック。
紙さへ選べば、ヌラヌラ番長です。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-31 07:38 | 万年筆 | Comments(0)
d0334448_08594208.jpg

♯3776センチュリーが、メーカー調整から帰ってきました。
定形外郵便で突然郵送されてポストに入っていたのは少し驚きました。
きっと、企業の規模の多きさの問題なのかなと思います。

その代わり、修理に出してから1週間で戻ってきたし、対応は一番迅速。
頑張ってほしい企業です。

商品自体は、コスパ抜群。調整されて、かすれることもありません。
筆が走ります。

極細なので、ボールペンみたいに実用性の高い一本です。
万年筆としての面白みには書けますがレギュラー確実なニクい奴。
極黒を入れたので、ペン先の文字がくっきりします。
(少し、味を出したい、字を誤魔化したいなら、細字か中細かと思います。)

プラチナの万年筆は、ペン先が硬いといわれますが、
極細は適度にしなりがあって、止めハネが書きやすい。
パイロットのカスタム74の方が若干硬くてサリサリ音がします。
鉛筆に近いというのはいい得て妙です。
万人受けはこっちかなと。個人の好みの世界です。

セーラーは細字以下を使っていないので、一度試してみたいです。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-27 09:14 | 万年筆 | Comments(0)
万年筆の付録が付いてくる「Associe」を購入してしまう。
安物買いの銭失いかもしれませんが、評判が良かったので。

外観はとても税込み750円とは思えない外観。
金属感、重さとそれなりに高級感があります。

書き味は、M字くらいでかなり気持ちよくヌラヌラ書けます。これいいかも。金ペンと思うほどふわりとしています。
赤用にもう一本買おうかな。

【後日談】
サラサラなインクを入れると、インク漏れしやすくなります。降ったら危険です。
それさえ気を付ければ、快適です。コンバーターはパーカーのものがピッタリはまりました。


d0334448_00360250.jpg


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-26 07:31 | 万年筆 | Comments(0)

スーベレーンM800退院

メーカー調整に出していたペリカンのM800が退院してきました。(ニブの段差)3週間いない間に、仲間がずいぶん増えてしまいました。

F字ですが、ヌラヌラで多少段差があったので調整に出しましたが、
戻ってきたら、細いF字になって帰ってきました。国産のFより若干太いかなというレベルです。

独特のヌラヌラが消え、汎用性は上がりました。少し寂しい気がするのは気のせいでしょうか。
ここらあたり、パイロットの修理は優秀だと思います。

インクは、ブリリアントグリーンを入れています。滲みやすいインクだし、再生紙のノートなので、少しぼやけていますな。

【後日談】
 インクは、ペリカンブルーブラックを飲ませて使っています。川口先生のペンクリで少しフローをよくしてもらいました。元の太さ(国産のMより少し太い)に戻り、ヌラヌラした書き心地が戻りました。
 ペリカンに調整を依頼する場合は、おそらく細くしてほしいという要望が多いので、そうするのでしょうが、購入時の太さに問題なければ、その旨伝えておくことが大切かと思います。




d0334448_00580077.jpg


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-25 07:08 | 万年筆 | Comments(0)
d0334448_23371289.jpg
ほとんどの万年筆を調整に出してしまったため、
今、手元にあるのがセーラーのプロギア銀M、とラミスケのEF。

プロギアはメーカーに調整に出してからは、ヌラヌラ番長なわけですが、
力を入れなくても書けてしまうので、どうも指先の細かい意思が伝わらず、
字が汚くなる。

カスタム74のF字のかゆいところに手が届く、心地よさを知っただけに、プロギアのF字を書い足そうかとも思っていました。
しかし、1時間ばかり、字を書き殴り、二つばかり気付いたことがあります。

①ペン先が、長刀研ぎのように細長いので、まさかと思い、角度を変えたら、適度に細くなった。書き味もサリサリして悪くない。
②キャップをしないと自然と細字になる。

というわけで、工夫をすれば便利なペン先となりそうです。習字みたい。

買い足すのも手だけど、
せっかくフローも書き味もデザインも気にいっている万年筆なので、手放したくないし、こういうじゃじゃ馬を飼いならすのもまた一興かな。

後日、川口先生のペンクリで、お任せしたらフローを締めてもらいました。
メーカー調整では、ヌラヌラで滲むほどでしたが、シャープな線が書けるようになりました。調整次第で生まれ変わります。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-23 07:31 | 万年筆 | Comments(0)

色雫

d0334448_23432230.jpg

パイロットのインク色雫。

多分自分用には高いし、実用性がないので買わないけれど、
プレゼント用なら別。

おしゃれです。

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-22 07:05 | 万年筆 | Comments(0)

カスタム74の調整後

d0334448_13162691.jpg
d0334448_13183055.jpg


カスタム74が調整から帰ってきた。
字幅も変わることなく、フローが微妙によくなり、書き味が増した。かすれが無くなる。
パイロットの黒インキは、裏抜け滲み万歳なので、紙を選ぶが、
自重でスラスラ書けるF字。求めていたのはこれ、この書き味。
自分の意志がきちんとペン先に伝わる。

それにしても、パイロットの対応は、現代的でサービスの質が高い。
マニュアルがきちんとしていて、それでいて修理前と修理後の手書きの筆跡を付けてくれたり、連絡をこまめにくれたり、ファンになりそうだ。
個人的には、職人さん的な無愛想な対応も好みなんだけど。

迷ったら、カスタム74のF字。これでいいかも。
だらだら長く文章を書くには疲れるが、絶妙なな引っ掛かりでトメハネが綺麗に書ける分、字がいつもより綺麗に書けてしまう。ノートや手帳にはピッタリだ。

自分用にもう一つ欲しい。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-20 07:11 | 万年筆 | Comments(0)
一週回ってKAKUNO。

3776センチュリーも調整、カスタム74も調整、M800も調整、ラミーも2本調整と、入院が多すぎて、仕事で使うために、またKAKUNOを購入してしまいました。

引っ掛かりもなく、もうこれでいいんじゃないの?
そう思えてきました。

できれば、トップシェアの会社は使いたくないのですが、
パイロットの販売時の製品品質の高さは群を抜いている気がします。
何というか、万人に好まれるような実用的な書き味をきちんとこなすという思想を感じます。

万年筆は10本買って、当たりは2,3本という世界。
今のところ、パイロットで大きなはずれはありません。

何気にwinkをしている新型のKAKUNOを購入したのですが、
大容量のCON70が使えるように、仕様変更されてます。

実用品としては、
赤インクを大量消費するので、これは助かります。

最近、個々の会社の特性が見えてきて、
何となく、将来的に自分には、セーラーが一番しっくりくるのかなと感じています。

【追記】
即日床に落としてインクが出なくなりました。床に落としたのはこれで2本目です。カクノとは相性が悪いのか、転がりやすいのか、軽すぎるのか、残念です。
【追追記】
ペン先は無事だったみたいですが、インクも出ないし、もう捨てようかと思っていた矢先、ペン先の根元を少し緩めたら普通に使えてしまいました。




[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-19 07:06 | 万年筆 | Comments(0)

田舎への道

d0334448_13240166.jpg

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-18 07:22 | RICOH GR | Comments(0)
d0334448_17331126.jpg
d0334448_17342928.jpg


プラチナの♯3776極細を購入しました。
カスタム74細字に続いて。

これで、セーラーの中字、パイロットの細字、プラチナの極細と
一通り国産を揃えたことになります。
まぁ、字幅が違うので、正確な比較はできません。

それにしても、このプラチナ♯3776センチュリーは最高。
調整に出さずとも、スムーズに細い線が引け、トメやハネが綺麗に決まります。
カスタム74よりも自分には向いているかもしれません。

「細軟」と迷ったのですが「極細」でも、
値段以上に大柄なニブで、気持ち良くしなります。

スーベレーンM800に次いで、評価が高いのも納得です。

「極黒」を入れましたが、スムーズです。
カートリッジは、裏写りするので、試し書きの時点で破棄しました。

恐らく、万年筆のおすすめを聞かれることはないと思いますが、
コクーンか、♯3776センチュリーを初心者にはお勧めしそうです。

特殊な用途でない場合は、極細と中字を揃えたら終了でもいいかもしれません。
評価が高いだけあります。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2015-10-16 07:08 | 万年筆 | Comments(0)

万年筆うんちく、フィルム写真、デジタル写真、所感


by suleymaniyejamy78