カテゴリ:スマホ・IT( 7 )

ネット環境が繋がっている場合は、グーグルマップが分かりやすくて良いと思います。
ただし、グーグルマップは位置情報をいちいち記録してたり、監視されてる感がとても強いので、ちょっと怖かったりします。実際そうなのでしょう。

また、グーグルマップは、ネット環境がないとその威力が半減してしまいます。
中国では、グーグルが基本使えません。
オフライン地図を利用すれば、GPSで追尾してくれるのですが、オフライン地図を使用できる地域はある程度限られていて、まだ全域どこでもというわけにはいきません。

ということで、見つけたアプリが『MAPS.ME』です。

予め地域をダウンロードして使うので、オフラインでもナビ可能です。
中国で大活躍しました。地図情報は、漢字表記も出てくるし、英語オンリーではありません。
グーグルマップほど情報は細かくありませんが、必要最低限の地域情報は出てきます。

オフライン仕様が多い場合は、試されても良いかと思います。


[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-10 08:37 | スマホ・IT | Comments(0)
先日、上海出張へ行ってきたのですが、WiFi環境やプリペイドSIMなど、
かなり充実している模様です。

街中にも、無料のWiFiが飛んでいます。
ただし、一つ困ることがありまして、

グーグル、LINE、FACEBOOKが使用できなくなるということ。

グーグルが使えないと、グーグルマップも使えないし、もちろんG-Mailも使えない。
かなり致命的です。ヤフーは問題ないが救いかな。

かといって、中国のアプリ、百度は漢字で使いづらいですし、いろいろあれですし、
ダウンロードして使いたくないというわけで、色々検索した結果、見つけたのが、

【インターリンクのセカイVPNサービス】

ここで契約して、VPNを取得すれば、グーグルを使うことができます。
実際に使うことができました。

2か月以内なら無料とのことですので、試しに使ってみるのもいいかもしれません。
「無料」ほど怖いものはないとは、思っていて慎重に契約しましたが、今のところ、
スムーズに解約できています。問題ないかと。









[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-03-09 08:37 | スマホ・IT | Comments(0)
ガラケーからスマホに替えて2週間経ちました。

台湾製のZENFONE3に、FOMAsimと楽天データ3GBsimを入れていますが、今のところ快適です。家にWiFiがあるので、3GB使い切ることはなさそうです。

基本的にコスパ重視の人間なので、今までスマホに替えませんでしたが、
格安スマホが出てきて、ガラケーとの料金差がほとんどなくなってきたので、買い替えました。

もう語り尽くされていることですが、ガラケーからスマホに替えたメリットデメリットを簡単に書いてみようと思います。

【メリット】

①グーグルマップがこの上なく便利。

自分が今どこにいるのか、即座に把握することができる。道に迷うことは無くなるだろう。
この即座にというのが大事で、今までは現在地を調べるのに無駄な時間を要していた。
音声認識で事足りてしまうのもすごい。

②LINEで友人とのやり取りが増えた。

友人との連絡がめっきり減ったのは、人徳のなさと、ライフステージのせいだとばかり思っていたけれど、単に取り残されていただけだった。周りは、LINEでやり取りをしているので、いちいちメールをしなくなっていたのだ。人間関係が少し復活した。

③荷物が減った。

今までは、ケータイと無線WiFiとタブレット端末を常に持ち運んでいたが、今はスマホだけ。今後モバイルバッテリーが増えるかもしれないが、それでもコンパクトに移動できるようになった。

④出先で恩恵を受けることができる。

今は、色んな所でスマホ向けの割引サービスがあったりする。出先でさっと登録して、サービスを受けることができる。グルーポンもいちいち印刷しなくてよいので楽。

⑤ひまつぶし

どれだけでも暇が潰せる。

⑥効率的に時間が使える

これは、今までもタブレットやパソコンで時間を潰していたので、スマホを隙間時間に使用することで短縮されている面があります。今後、アプリなどの使用が安定してこれば、さらに効率的になるだろう。


【デメリット】

①バッテリーがすぐに無くなる。

モバイルバッテリーで、ある程度解決できるが常に不安が付きまとうだろう。

②情報管理

アンドロイドなので、個人情報はグーグルに全て筒抜けになってしまっている。知らぬ間に、行った場所が全て記録されているのは驚いた。買い物も全て筒抜けだろう。
スマホにすることで、監視管理されるのは、気持ち悪い。




【まとめ】

ということで、メリットが大きいのでスマホに替えて正解であったと思います。
ただし、個人情報の面では今まで以上に慎重に行動しないと、社会的抹殺もあり得ます。














[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-02-20 00:26 | スマホ・IT | Comments(0)
以前にZENFONE3を購入した旨ブログに書きました。

自分はまだ、無線WiFiの契約が残っているので、妻が使うことになりました。
古いガラケー機種なので、電池交換もできず、困っていたところでした。

妻がアンドロイドを利用し始めて、色々設定をしているのですが、iPhoneとの違いをひしひしと感じています。

どちらもできることは違いはないのだけれど、
iPhoneは既定のアプリがしっかりしていて、それに必要なアプリを付け加える仕様に対して、

アンドロイドは、機種によってアプリが使いづらかったりするので、全て自分の好みのアプリをダウンロードして、一から組み合わせていく仕様で、マニュアル感がある。

個人的には、アンドロイドの方が面白いと思う。
少し前までは、アンドロイドの機種はiPhoneの二番煎じといった感じで、
もっさり感があったり、アプリが不安定だったりしたのだけど、
昨今のアンドロイドの機種は、実用で使うのに問題のないレベル。

それでいて、iPhoneの半額程度の値段で使用できる。

機械に軟弱な女子や高齢者にはお勧めしないが、
アンドロイドという選択肢はコスパを含めて悪くない。

ZTE Blade V580という機種に自分も替えようかなと少し考えている



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-02-06 07:43 | スマホ・IT | Comments(0)
ガラケーのFOMAから格安アンドロイドスマホへ電話帳データを移動するのが、なかなか手間がかかるので、手順を書いておく。(iPhoneの場合は、ドコモのサイトに方法が載っているんですけどね。)

※自分の覚書でもある。

とりあえず、グーグルに電話帳データを入れてしまえば、今後どのスマホに移動しても楽なので、とりあえずグーグルに入れる方法を紹介します。

①ガラケーの電話帳一覧のページで「MENU」「データコピー/お預かり」「microsdへ全件コピー」
②マイクロSDをパソコンに接続してファイルを呼び出せるようにしておく。
③Gmailを開く。
④左上の「Gmail」ロゴをクリックして「連絡先」をクリック。
⑤「連絡先をインポート」をクリック。
⑥「ファイルを選択」をクリックして、マイクロSDのデータの中の「vCard」を選択。
※データがどれか分からなければ、全て試しに入れてみてください。他のは動きません。
⑦「インポートボタンをクリック」
⑧一瞬で完了

お疲れ様でした。

(追記1)
私のガラケーは、マイクロSDが使えるタイプのものでしたが、妻のしょぼいスマホは、マイクロSDを入れる挿入口がそもそもない為、焦りましたが、赤外線を使って、私のガラケーに住所を移動させて、データを取り出しました。

キャリアで購入するなら、このような苦労はなかったと思います。
色々安く済む分、手間がかかりますね。

分かれば簡単なのですが、直接マイクロSDのデータをスマホに入れても読み込ませ方が分からないし、最初は焦るでしょう。

(※追記2) ドコモショップにアドレスを移動させる機械があるので、ガラケー、スマホ、等のアドレスの移動はそれを使っても何とかいけそうです。
ただし、機種を選択して移動させる仕組みですので、動作するかどうかは未確認です。ZENFONE2はありましたが、ZENFONE3はありませんでした。恐らくZENFONE2を選択すればいけそうな気がします。

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-02-03 01:25 | スマホ・IT | Comments(0)
d0334448_22384170.jpg
d0334448_22395096.jpg



今までドコモの携帯電話+携帯無線WiFi+タブレットを使用していましたが、

とうとうスマホが安くなってきたということで、
評判の良い『ZENFONE3』を楽天モバイルで契約しました。
月に6000円ほど払っていた通信費が半額以下になります。

本体は別途かかりますが、
データプランと同時に契約すると、税込み35,208円と少し安くなる。
(通話プランと同時だと32000円くらいになるみたいです。)
『ZENFONE3 35,208円』

SIMは2つさせるので、

①FOMAのSIM タイプバリューSS 
※iモードとメールは外したので全部で月々1000円くらいだと思う。
②3.1GBのデータプラン(SMSなし)月額900円

の2つを入れています。
月々2000円弱で、スマホを維持できることになりました。

①のFOMAの契約を切らずに残しておいたのは、タイプバリューSSだと1000円分の無料通話が付くことと、家族内通話が無料だからです。

通話は、家族通話がほとんどで、たまに外部に月に数分・数回使う程度。
だから今のところ、通話SIMを契約するよりも、こちらの方が有利なのです。
今後の契約の変化次第で、考えることになるでしょう。

②は、楽天の3.1GBのデータプランがあれば、何とかなりそうだからです。週末や、仕事で外に出る以外は、家の無線WiFiで済ましているので、過去の使用料から見ても、これで十分そうです。SMS機能はFOMAの通話に付いているので、楽天のSIMはSMSなしの方を選択しました。

ZENFONE3は、台湾製のASUS社のものです。国産と迷いましたが、かなり高評価で、某国製品のような事故の事例も特にありませんでしたので、これに決めました。
今のところ、特に問題ないです。

キャリアのような安定性や保証、安心はありませんが、これだけ安いとガラケーからの乗り換えもありだと思います。



[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-01-30 01:22 | スマホ・IT | Comments(0)
「高額キャッシュバック」で有名な携帯無線WiFi仲介業者です。

二年前に契約した携帯無線WiFiの2年縛りが消えるので、
解約しようと仲介企業に連絡したところ、すでに自動的に2年間再契約されていました。

契約書には「2015年1月」に契約開始しているので、「翌月から2年後が解約可能月」なので、普通なら「2017年2月」に解約できるわけです。

なぜ、すでに2年間契約が更新されているのか疑問に思い、この業者の連絡したところ、

「2016年11月」に無料で新しい端末W03に機種交換しているので、そこから計算すると「2018年12月」が次の解約可能月という言い分らしい。それ以外は違約金がかかる。

(ここが厄介で、「契約月の翌月から2年後」ではなく、「端末到着月の翌月から2年後」という所が味噌。「解約可能月」なんてのは、仲介企業の会員ページを開いてもどこにも書いてないし、契約書にも書いてない。自分でネットで検索してようやく理解にたどり着くことができる。しかもプランによっては、契約月スタートの数え方が異なり、悪意を感じます。)

確かに昨年の11月頃に「無料で最新端末に交換いただけます」という手紙が来ていたので、
怪しいなと疑いながらも、特に不利な点は見受けられなかったので、機種交換をしてしまったのは覚えている。

それがこんなことになるとは。W03の端末なんて、中古で5000円以下で転がってる。

「端末到着月」というのが、「1度目のものを指す」のか、「機種交換のもの」を指すのか分からないので、根拠を企業に求めたが、その部分は綺麗にスルーされる。
もちろん、端末代というのも分からなくはないが、消費者保護法の観点からも、何らかの記述があるべきだと思っている。

というわけで、こんな仲介企業と契約し続けるのは、不快極まりない。
端末到着後12カ月以内なので、一番高い2諭吉程の違約金がかかるそうだが、こんな得体の知れない悪徳企業とは早く縁を切りたいので、勉強代だと思って解約することにした。

今回の教訓
①タダより怖いものはない。
②契約する前にその会社の評判をじっくり調べる。
③ネットでの契約は、実店舗のある大手の方が安心。

それにしても、こんな汚い金で家族を養って、生活している人がのうのうと生きているとは信じられません。自分の子どもにどのように説明しているのでしょうか。地獄に落ちるに違いありません。

タムロンの神対応の後の事件だったので、本当にガッカリです。
製品自体は、自分には問題なく快適に使えていたのに。

※高額キャッシュバックも、大量の宣伝メールに紛れて、端末到着後うんヶ月後に届くので、
調べるとかなり苦情があるみたいです。

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2017-01-28 00:15 | スマホ・IT | Comments(0)

万年筆うんちく、フィルム写真、デジタル写真、所感


by suleymaniyejamy78