効果の出ない筋トレを効率の良い筋トレに変える方法

ある程度筋トレをすると停滞期がすぐに来ます。

そこで負荷を上げるなどして、対応するわけですが、
大抵はフォームを見直す必要があります。

本当に筋肉に効いているのか、一度フォームの見直しをしなければ、単なる有酸素運動筋トレになってしまう可能性が高いです。もちろん、長く続ければ少しずつ筋力は付いてくると思いますが、効率が悪いことこの上なしです。

方法は、筋肉の収縮時に、負荷が抜けないように筋トレをしているかどうか、常に確認することです。筋肉のどの部分を強化し、収縮させているのか理解し、目で見て、最初は軽い負荷でもいいので、筋肉を実際に手で触れて、力が何処のタイミングでで抜けてしまうかを確認することが大事です。最初は、腕のアームカールで確認すると分かりやすいと思います。

確認できたら、負荷が抜けない範囲で収縮させてみてください。
軽い負荷でも、相当しんどくなっているはずです。
あとは、それを全身の筋肉に当てはめてみるだけです。
これに気付くと、飛躍的に効率が上がります。

最初はがむしゃらにやるのも、効果はありますが、ある程度停滞してきたら、
ノルマをこなすことだけでなく、フォームを見直すべきでしょう。

[PR]
by suleymaniyejamy78 | 2016-10-22 07:05 | 筋トレ | Comments(0)

万年筆うんちく、フィルム写真、デジタル写真、所感


by suleymaniyejamy78